• <big id="8bfmd"></big><ruby id="8bfmd"></ruby><xmp id="8bfmd">
  • <ruby id="8bfmd"><li id="8bfmd"></li></ruby>
  • <ruby id="8bfmd"></ruby><li id="8bfmd"><li id="8bfmd"><tt id="8bfmd"></tt></li></li><ruby id="8bfmd"></ruby>
  • <ruby id="8bfmd"><li id="8bfmd"></li></ruby>
  • <ruby id="8bfmd"><li id="8bfmd"></li></ruby>
  • <li id="8bfmd"><big id="8bfmd"><tt id="8bfmd"></tt></big></li>
  • <tt id="8bfmd"></tt>
  • <ruby id="8bfmd"><li id="8bfmd"></li></ruby>
  • <ruby id="8bfmd"><li id="8bfmd"></li></ruby>
  • <tt id="8bfmd"></tt>
  • <ruby id="8bfmd"></ruby><li id="8bfmd"></li><ruby id="8bfmd"><li id="8bfmd"><big id="8bfmd"></big></li></ruby><ruby id="8bfmd"></ruby><ruby id="8bfmd"><ruby id="8bfmd"><tt id="8bfmd"></tt></ruby></ruby>
  • 尼山講堂が開催 儒教の専門家が読書の4つのジレンマの打開策に注目

    ソース:中國孔子網作者: 2022-04-26 16:54

      4月22日夜、中國共産黨山東省委員會宣伝部、尼山世界儒學センター、中國孔子基金會共催の「尼山講堂」一回目が中國中央ラジオテレビ局山東総局「流蛍講堂」で開催された。今回は「世界本の日」に話題を絞り、儒學者を招いて、読書の4つのジレンマをどう打開するかというテーマで講演を行った。
      今回の「尼山講堂」は、「中國の古典を読み、文化の自信を築く」をテーマに、尼山世界儒學センター元副所長で孔子學院元院長?研究員の楊朝明氏、山東大學儒學高等研究院副院長?教授の顔炳罡氏、山東省図書館副館長の李勇慧氏、山東新華書店グループ會社副社長の李運寶氏を招いて、新しい時代における古典の読書の意識?対象?時間?方法についてのディレンマを話し合い、検討した。
      尼山世界孔子センター(中國孔子基金會事務局)黨委書記?副主任の國承彥氏、中央ラジオテレビ局山東総局黨委書記の陳永慶氏が出席した。
      「尼山杏子フォーラム」は、國內外の著名な學者を招き、思想や視點、時代の関心事に焦點を當て、総合的に討論することで、國內外における著名な意見交換の場となることを目的としている。

    編集:張懿程

    文章と寫真の著作権は元の作者に屬します。侵害があれば、削除に連絡してください。

    免费亚洲成年人专区
  • <big id="8bfmd"></big><ruby id="8bfmd"></ruby><xmp id="8bfmd">
  • <ruby id="8bfmd"><li id="8bfmd"></li></ruby>
  • <ruby id="8bfmd"></ruby><li id="8bfmd"><li id="8bfmd"><tt id="8bfmd"></tt></li></li><ruby id="8bfmd"></ruby>
  • <ruby id="8bfmd"><li id="8bfmd"></li></ruby>
  • <ruby id="8bfmd"><li id="8bfmd"></li></ruby>
  • <li id="8bfmd"><big id="8bfmd"><tt id="8bfmd"></tt></big></li>
  • <tt id="8bfmd"></tt>
  • <ruby id="8bfmd"><li id="8bfmd"></li></ruby>
  • <ruby id="8bfmd"><li id="8bfmd"></li></ruby>
  • <tt id="8bfmd"></tt>
  • <ruby id="8bfmd"></ruby><li id="8bfmd"></li><ruby id="8bfmd"><li id="8bfmd"><big id="8bfmd"></big></li></ruby><ruby id="8bfmd"></ruby><ruby id="8bfmd"><ruby id="8bfmd"><tt id="8bfmd"></tt></ruby></ruby>